(旧姓)タケルンバ卿日記避難所

はてなダイアリーからの避難所

攻めのヅラ

思うに男のヅラは後ろ向きすぎる。男がヅラをパイルダーオンする動機は、基本的にゲーハーを隠すためである。女性がニップレスでB地区様をお隠しになられるように、男性はヅラでゲーハーを隠しにかかるわけである。ともに見られると恥ずかしいと思うから隠すわけである。「見られても関係ねえぜ」な人はともに非着用である。女性は女性でバッファローゲーム推奨であり、男性は男性でデフォルトで仏門入り推奨である。「隠す」という後ろ向きな心理が、ヅラをパイルダーオンさせるわけだ。
で、オレはここに問題があると思うわけだ。前向きのヅラ着用は何故無いのかと。何故人目を忍んでヅラをオンするのかと。堂々と着用する文化は何故無いのかと、そう考えたわけですよ。
しかも女性には「ウィッグ」という便利な言葉があるじゃないすか。「ウィッグ」とは「wig」であり、英語で言うところのヅラだ。そして女性はウィッグをオサレにパイルダーオンしておる。その日の装いに合わせて着用可能であり、髪の色・髪型などを服装と自由自在に組み合わせて楽しんでおる。こういう「楽しむヅラ」「オサレなヅラ」が女性にはあって、男性にないのはおかしい。相田みつをならずとも、「男でも ヅラを楽しんでもいいじゃないか」だ。「見せパン」が許されるなら「見せヅラ」も許されてもいいじゃないか。何で男のヅラだけ下着以上の羞恥心をもよおすのだ。
それもこれもあまりに後ろ向きなヅラ着用者の姿勢も悪い。男性のパイルダーニスト(そんな言葉ねえよ)の多くは、ヅラ着用がばれないように心を砕いておるが、その実、周りにはバレバレである。この「バレバレなのに隠したい」という相克が悪い。バレバレならば開き直るべきであり、隠したいならきちんと隠し切るべきである。本人はちっとも隠せてないのに、周りには隠せているという空気感を求めているところに微妙さがあるわけだ。
そこで誰か開き直ってみるというのはどうだ。毎日色違いのヅラにしてみるとか。一昨日キダ・タロー、昨日アフロ、本日は山崎バニラモデルとか。こういうオサレ感覚というか、遊び感覚があってもよろしいんではないかと。折角ヅラを着けてるんだから、もっとヅラを有効活用すべきでないかと。
アートネーチャーとかアデランスも悪いよな。ヅラを完全に偽装のためのアイテムにしてるもの。じゃなくてオサレアイテムとして提案する余地があるような。「ヅラは偽装の一部」じゃなくて、「ヅラはオサレの一部」と考えてみては。「1人1ヅラ」じゃなくて、「1日1ヅラ」とか。あるいはお色直しもアリじゃないですかね。シチュエーションに合わせてヅラをコーディネイト。ネクタイとかコートみたいな感覚でどうですか?
今後は「ヅラスタイリスト」があってもいいような。ヅラの人は周りに気を使わせないように、もっと前向きにヅラ着用しては如何?