(旧姓)タケルンバ卿日記避難所

はてなダイアリーからの避難所

マスゾエ落ち着け!

年金運用が赤字のようで。

2007年度の公的年金の積立金の市場運用利回りがマイナス6.41%と5年ぶりにマイナスになったことが3日分かった。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題を背景に、国内外の株安が直撃。運用損失は5兆8000億円に達した。

公的年金、運用損失5兆8000億円に 07年度 - NIKKEI NET

で、こういう話が出ると、みんなオタオタするわけで。特に舛添。

「ほめられる状況ではない。国民の財産をどう増やすかという視点を忘れてはいけない。改善努力は当然だ」と述べ、運用のあり方を見直すべきだとの見方を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/0704/TKY200807040128.html

落ち着け! オマエがオタオタしてどうする! こういうときに動揺を沈めるのがオマエの仕事だべ。赤字になったからって、ここでやり方変えてどうすんのさ。
そもそも、この赤字があっても年金は儲かってんだよな。毎年の運用実績は年金積立金管理運用独立行政法人が公開してる。

平成13年度以降の運用結果をまとめると、こんな感じになる。

年度 額(億円)
平成13 -6,564
平成14 -25,877
平成15 +47,225
平成16 +23,843
平成17 +86,795
平成18 +36,404
合計 +161,826

6年で16兆円の儲け。なので、ここで赤字が出ても年金自体に影響はあんまりないんだよね。トータルで見れば儲かってるから。
それにだ。去年のあの相場環境でどうすりゃいいんだよって疑問もある。サブプライムだなんだで世界中がワオ!になってたわけだし。
実際、日本株のデータを見ていくと、平成19年度はこんな感じだった。

年月日 TOPIX
平成18.04.02 1,682.49
平成19.03.31 1,212.96

(※値は終値。平成18年4月1日は日曜日・休場のため、2日を表示)
年度開始日を基準にすると、マイナス27.9%。で、日本の年金運用はどうだったか。

最も成績が悪かったのが国内株式でマイナス27.97%。

公的年金、運用損失5兆8000億円に 07年度 - NIKKEI NET

一緒。ほとんど一緒。細かい数字は今日午後の会見以降で明らかになるだろうけど、ド素人が公開のデータでザラッと計算しても、これくらいのことはわかる。
でだ。市場並みの結果ということは、年金の運用は特別イケてないわけじゃない。

「ほめられる状況ではない。国民の財産をどう増やすかという視点を忘れてはいけない。改善努力は当然だ」

http://www.asahi.com/politics/update/0704/TKY200807040128.html

って言うけど、悪かない。むしろ無難。相場並みだから。トータルでみればマイナス6%ちょいなわけだし。年金積立金管理運用独立行政法人(長えな)じゃ100兆円ものお金を運用してるから、なんだか損失額もでかいけど、割合的には大したことない。
それに「国民の財産をどう増やすか」に重点を置くあまりガッつくと、お金を減らすリスクが大きくなってくる。

年金の運用はこんな配分で運用されてる。

配分先 割合
国内債券 67%
国内株式 11%
国債 8%
外国株式 9%
短期資産 5%

相場が動いてこの割合が変わると買ったり売ったりして調整することになっている(リバランス)。でだ。国民の財産をより増やそうとすると、今回損失を出した分野にお金を突っ込むということになる。その場合、もっと大きな損失が出る可能性もある。現在はほとんど国内債券に突っ込んでいるから、国内株式で28%、外国株式で17%やられても、トータルでは6%のマイナスですむ。果たしてそれでいいんでしょうかね。オレは今のやり方でいいと思うよ。

「現場の感覚、現場の実務に詳しい方々を補強するという形で、この点からの改革をやりたいという風に思っています」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3892111.html

マスゾエ、もちつけ! 焦るなっつの。今やるべきは「損したからやり方を変える」じゃなくて、「損したからやり方を守る」だべ。損したからってやり方を変えちゃ泥沼だべ。株が値下がりしたから損失を出しているわけだけど、今まではそういう場面で機械的に買ってきたからこそトータルで儲かってるという結果を忘れちゃいかんよ。1年みたいな短いスパンで焦って動きなさんな。
それに詳しいヤツに任せんで、ポートフォリオ理論に基づいて機械的に取引しとるからいい面もあるわけで。誰かの意見に基づいて投資するようになったら、それこそ利権の巣窟になる。機械でいいんだよ。統計的に平均的に長期的なプラスを求める。年金運用はそれでいいわけで。

オマエはどうしても勝負したいようだけど、勝てる保証なんてないんだから、やめときなはれ。今回の損失でオタオタするくらいなら、リスクを上げた投資はもっと不向きだわさ。5兆で負けてこうなら、10兆、20兆負けたときにどうすんのよ。

「150兆円という巨額の資金を1つのファンドに任せておいていいのか」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3892111.html

いいんです。それで儲かってるんだから。失敗してないんだから。あたふたしないで泰然自若と構えると吉。焦らんことですよ。下げたものはまた上がる。下がったら機械的にとりあえず買っとけばいいんですよ。そうすりゃ上がったときに儲かるんだから。

積立金の運用をめぐってはこれまで、年金給付に回す額を増やそうと、より高い利回りと運用益確保を目指す声が相次いでいた。株式での運用割合の引き上げや、GPIFの組織体制見直しによる運用能力の強化などが代表的な意見だ。
しかし今回、株式市場の低迷を受けた巨額の赤字が明らかになったことで、リスクの高い株式の比重を増やすことへの慎重論と、組織強化を求める積極論の双方が強まることが予想される。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20080704mh04.htm

ま、こういう冷静な解説があるうちはいいけど、ヒステリックな話がわんさか出てウンザリする展開になる気もする。運用で利益が出たってニュースはちっとも取り上げられないのに、損失を出したとなるとみんな騒ぎ出すからねえ。
トータルで利益は出てるんだから、みんな落ち着け! 特にマスゾエは落ち着け! オマエがまず落ち着け! そんな今の年金運用は間違っとらんよ。ほっときゃ儲かるようにできてますよ。バクチはやめて、長い目で投資しようじゃないですか。焦らず騒がず、今のスタイルを守り続けることが将来的な利益につながると思うんですがねえ。